2・3・4月のスペシャル @ Bug Box      電話 0438−41−3399


引き続きプチレストアキャンペーンを継続し、空冷ワーゲン、空冷ポルシェ保存に貢献させていただきます。小さな補修からでもお受けいたしますので先ずはお問い合わせください。

弊社ではType2をまるごとブラストできる設備でサビ・腐りを徹底的に取り除きます。

プチレストアでコンプリートレストアのイメージをしてみてください。

 ブラスト後の画像

 Type 2のフロント下回りです。クラッチ、ブレーキ、アクセルのリンケージ、ブレーキライン、ヒーターケーブルなどが集中する複雑な場所のサビ取りでブラスターにかなうものはありません。シャーシーブラックをそのまま吹き付けるのも良いですが、サビを取ってあげないとかわいそうですね。塗料がぼってりしてきれいな仕上がりにはならないですね。

写真はブラスト後、サビ止め塗料を吹き付けたところです。仕上げはお好きな色で。

 Type 2の定番 フロントノーズ

 パネル剥がすとこんなことになっています。表面にバブルが出ていたら早く直したほうが良いですよ。

 同じ症状であればBUG BOXへGO!!

 空冷ワーゲンの定番 バッテリーパン

 意外と安く直りますよ!!プチレストアでBUG BOXの技術を試してみては?とにかくバッテリーが落下するまえに直しましょう。

 同じ症状であればBUG BOXへGO!!

 Type 1の定番 Aピラー下 ヒーター吹き出し口

 水が溜まりやすい場所ゆえに早めの対策が必要です。
 写真下部のパネルはBUG BOXワンオフ製作です。

 同じ症状であればBUG BOXへGO!!

 Type 1の定番 リアフード

 虫食いのような穴。浮いた塗装を剥がすとこんな風になっているでしょう。

 同じ症状であればBUG BOXへGO!!

 Type 1の定番 フロントエプロン

 パネルの継ぎ目、プレスからサビが出ていたら要注意。

 同じ症状であればBUG BOXへGO!!

 Type 1の定番 フロントノーズ

 ここも雨水が溜まりやすくやられやすいですね。

 同じ症状であればBUG BOXへGO!!

 燃焼式ヒーター  



 フロントは燃焼式ヒーター、客室はヒートエクスチェンジャーでぽっかぽか



 ウエストファリア純正テント

 258,000円(税別)

 状態の良いオリジナルテントは少なくなってきています。この機会をお見逃し無く!!


 Type II フロントトーションバー 

 29,800円(税別)

 車高をもとに戻したい方、トーションバーを戻して乗り心地を確保しながらローダウンしたい方へ

 工賃は状態・工法によって異なります。